業界ニュース

中国の港湾輸送量は上半期に4.8%増の1億5,000万TEUに

2023-08-25

ロンドンのポート・テクノロジー紙によると、上半期の中国の港のコンテナ輸送量は前年同期比4.8%増の1億4,920万TEUとなった。


しかし、上半期の中国の港湾全体の貨物量は前年同期比8%減の81億トンだった。

.

上海港は、2022年に4,319万TEUの移動があり、世界で最も忙しい港の座を確保したが、今年1月から6月までのコンテナ量は前年比9.5%増加し、合計2億3,700万TEUとなった。


また、寧波・舟山でも今年上半期に合計1,760万TEUを取り扱い、取扱量も増加した。


コンテナ貨物価格に関しては、7月の寧波コンテナ貨物指数(NCFI)は平均679.9ポイントで、前月比0.7%下落した。


寧波舟山港から米国内の目的地に向けて出発する貨物の量が増加しています。運送業者は市場で利用可能な輸送能力を規制し続けており、運賃は2ラウンド連続で大幅に上昇している。


寧波海運取引所によると、NCFIサブライン指数、つまり米国西海岸と米国東海岸の両方が7月末時点で今年の最高値を更新した。


2023年6月、中国の港では2023年1月から4月にかけてコンテナ量が増加し、9,540万TEUに達したと報告された。